仕事を探す

[PDF一括ダウンロード(準備中)]


二九精密機械工業株式会社

~「まわりの幸せ」を精密につくる~

八木工場を見学すると、20 代・30 代と思われる若いスタッフが目立つ。みなさん口をそろえて「仕事は楽しい」「達成感がある」という…

 八木工場を見学すると、20 代・30 代と思われる若いスタッフが目立つ。みなさん口をそろえて「仕事は楽しい」「達成感がある」という。取材中も、他のスタッフがちゃちゃを入れに来てたいへん仲が良さそうです。
 どんなところに達成感を感じるかと訊ねると「自分が思った通りの形に仕上がっていくところ」とのこと。ここの工場では、主にステンレスやチタンなどの金属を 0.02ミリ以内の誤差で製品に仕上げていく。これが思い通りにできたときの達成感は確かに爽快だろう。スタッフが技術者として国や府から表彰されることも多い。

 「スタッフの安心をつくりたい」と社長は語る。職場における安心はもちろんのこと家庭における安心もである。家族にも安心してほしいとの思いから、全額会社負担で団体医療保険にも加入しており、インフルエンザの予防接種も毎年社内で行う。医療系精密機器の部品を作っていることもあり、健康に関する意識は高い。
 従業員を大切にする社風が評価され、H29 年には「真のワークライフバランス」京都市長賞も受賞。この4年間で新卒43人入社したが、そのうち退職したのはひとりだけ、「ダンサーになりたいからアメリカにいく」と言って退職したが、「もし夢破れたならいつでも戻っておいで」と送り出した。

 社訓の中に「運がよいと思い込む」という項目がある。社長は、お正月でもおみくじを引かないらしい。「なんでみんなわざわざおみくじを引いて神様に今年の運を決めてもらうねや?自分で常に大吉と思っといたらええやないか」 何事も前向きに捉え、すべて運がよいと思いながら経営している会社には、やはり良い仕事が集まる。
 他社では頼めない仕事、間に合わなかった仕事が集まってくる。「八木工場も拡大計画中。経験者もよいが、他の分野で働いてきた人こそ歓迎ですよ。幅が広がるし、工員以外のスタッフももっと必要になってきた」常に幸運と考える社長のもとには、良い人材も集まる気がする。

[詳細PDFダウンロード]

有限会社みずほファーム

~チャレンジャーの卵、求む~

みずほファームが作るのは、地域の方々なら知らない人はいないだろうブランド卵。新鮮な空気に、きれいな水…

 みずほファームが作るのは、地域の方々なら知らない人はいないだろうブランド卵。新鮮な空気に、きれいな水。そんな京丹波町の地で、通常の3倍の葉酸が含まれている「葉酸たまご」、京都丹波を代表する名産品・黒豆を飼料に育てた「くろ丹波」、純国産鶏・さくらから産まれた「さくらたまご」を作っています。
 桑山社長はチャーミングな笑顔で、「自分たちが触った卵が、地元で売っていることにほこりを感じます」。入社間もない2児のパパ・北村さんも、「スーパーで子どもに卵を見せるんですよ」と誇らしげ。

 「新しく生み出す仕事を一緒に楽しみたい」と話す桑山社長。養鶏は、鶏卵の市場価格・卵価(らんか)の変動に左右される業種。安定した経 営基盤を作るため、「市場のサイズと合わない卵や傷ついた卵を加工品としてよみがえらせたい」「地元企業とのコラボ商品もやっていきたい」「今ある販売所をさらに育てて、地域のコミュニティが生まれる場にしていきたい」「ネット販売にも力を入れたい」と意欲的です。
 新入社員は、まず養鶏の現場を学びます。「どんな環境に鶏がいて、どうやって卵を産むのかを理解し、食べ物を作っている意識を持ってほしい」。養鶏を学びながら、店舗運営やデザイン、ネットなど、これまで身に付けてきたスキルや経験を使って何ができるかを考えられる人が求められています。

 正社員11人、パート33人の総勢スタッフ44人で、その98%が地元在住。京丹波町の人ばかりで、地域のことを教えてくれるありがたい存在です。スタッフの8割が女性。
 桑山社長から見た印象は「おばちゃんたちはパワフルで会話好き」「おせっかいを焼いてくれる昔ながらのおばちゃん気質」と、新入社員にとって孤立の心配がない職場環境です。

[詳細PDFダウンロード]

社会福祉法人 松花苑

~成長の種がころころ転がっている場所なんです~

「ここの職場は夫婦でいっしょに働いている人が多いんですよ。実は、ぼくもそうなんです。」と古参のスタッフは語る…
 「ここの職場は夫婦でいっしょに働いている人が多いんですよ。実は、ぼくもそうなんです。」と古参のスタッフは語る。職場結婚し、子どもができて、しばらくすると奥さんもまた復帰、というパターンが多いそうです。
 福祉の現場ってどちらかというと大変なイメージがあったが、どうやらここは違うらしい。戻って来ることに抵抗がない場所、妻も誘って仕事をしたい場所ってとても素敵ですよね。

「スタッフを増やしてもう少し楽になればよいですよねー?」と質問すると、「うーーーん?」と首をひねるスタッフのみなさん。あれ?と思いながら「どういうことですか?」と訊ねると、「いや常にみんな めいいっぱいでやってるから、たぶんスタッフが増えたら、やりたいことが増え るだけで、結局楽にはならないんじゃないかなぁ。」と当たり前のように語る。
 働ける人数によってうまい具合に事業の総量も調整されるしくみになっていること、みんながそれだけモチベーションをもって働いていることが伝わってくる。

 松花苑さんには、3つの事業所があり、通所、入所、グループホーム、相談対応など、さまざまな所属があります。どの事業所でも、知的障害・身体障害の方がより幸せに暮らせるように、将来もっと幸せになるようにと工夫をするポイントは無限にある。それを創造的に考えるのが楽しい。変化が楽しい。見つけるのが楽しい。スタッフのみなさんはんとに楽しげにお話してくれます。
 「できれば亀岡や近隣の市町に住んで、じっくりと働いてほしい」と新しい仲間を待っておられます。

[詳細PDFダウンロード]